アスペルガー症候群の症状も早期の療育で改善していくことができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-10-26

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラムの中に含まれる発達障害の1つです。
自閉症の症状を持ち合わせていますが、知的な遅れや言葉の遅れがないことから
周囲からなかなか理解されにくいということがあります。

このアスペルガー症候群では、相手の言葉から相手が伝えたいことを
想像したりすることが苦手なので、人との会話がうまくできない傾向があります。
他にも、1つのことに異常なまでにこだわりを持ったり、
視覚や聴覚などの感覚過敏があったりもするので、生活しにくいことが多いのです。

これらの症状を和らげるには、個々の特性に合った療育をできるだけ早期に始めることが大切です。
早期に始めることで症状の改善がしやすく、大人になるまでにかなり症状が改善して
生活にほとんど支障をきたさないほどに良くなることも十分にあります。

私たちの放課後等デイサービスでも、発達障害の子ども達に療育を提供しています。
主軸の運動療育では、脳機能を改善させる効果のある運動プログラムを使って楽しい運動あそびをし、
子ども達の体を育てながら、同時に社会性やコミュニケーション能力も養っています。
内容が運動あそびなので、無理なく取り組むことができ、遊んでいくうちに自然と様々な
力をつけていくことができるので、全国のフランチャイズ教室でとても好評を頂いています。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.